2020年12月 長崎国際大学のPCR検査センターに寄付

Posted Posted in ニュース, 地域貢献

長崎県北地域唯一の新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査施設である長崎国際大学(略称:NIU、所在地:佐世保市)のNIU疾患検査センターに100万円を寄付いたしました。
検査数の増加に対応できる体制を構築されるとのことです。

新型コロナウイルスが沈静化することを願います。

https://www1.niu.ac.jp/topics/general/2020/3462.html

2020年8月 学内インターンシップ実施

Posted Posted in ニュース, 地域貢献

8月17日~21日の日程で長崎県立大学佐世保校において
学内インターンシップを実施しました。

対象者:実践経済学科 3年生
取扱 :必修科目
形式 :学内講義+オンライン・ゼミでのグループワーク

成長のきっかけとなる1週間のプログラムにしました。
・主体性・論理性・タイムマネジメントなど、インターン中に強化したい能力を明確にする。ライバルの人物を設定し、差異を明確にして行動に落とし込むことがポイント。

・複数のチーム活動を通して、課題への取組み方、課題の真の狙いなどを振り返り、報告書を記入する。自身の行動が不十分だと感じた場合には、知識の不足、集中力の欠如、課題の理解の不足、グループワークの実践スキルの不足などが原因であるが、報告書記入により自己成長のPDCAサイクルを回すことがポイント。
・財務分析、戦略分析、実地調査などを通して、深みのある企業分析をB2C分野で経験する。実地調査を含む一貫した企業分析を通して、表面的・概論的分析と総合分析の違いを体感することがポイント。
・最終課題は、当社の営業展開・拡販戦略立案。与えられた課題(上司の指示)をどのように受け止めて考えることができるか、チームの成果物についてどのようにレベル合わせをできるかがポイント。

参加した学生8名は協力して日々の課題に取り組み、きちんと時間内に提出物を完成させることができました。

九州豪雨による当社の被害状況

Posted Posted in ニュース

この度の九州豪雨により取引先よりご心配いただいておりますが、佐世保本社および各営業所におきましては事業運営の支障となる重大な被害は発生しておりません。
大牟田市内において浸水している地区があり、当社大牟田営業所社員の一部が住宅への浸水により、避難所に避難しておりますが、本人および家族の無事が報告されております。

今回の豪雨で被災された皆様およびご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

2020年4月 新型コロナウイルス感染対策について

Posted Posted in ニュース

新型コロナウイルス感染防止のため、事業拠点ごとの状況に応じて3月より対応してまいりましたが、都市部の感染者数急増および本社のある佐世保市における数件の感染者発表に伴い、4月6日以降、以下のように取り組む方針です。

  • 営業訪問活動の自粛強化、電話やメール活用の推進
  • 来客の延期要請、面談の場所と時間の制限
  • 感染のリスクの高い事業所では車通勤や自宅待機・在宅勤務による感染防止

うがい、手洗いの徹底のほか、会議の削減、回覧物の削減、執務スペースや社員食堂内の座席間距離の確保など、考え得る対策を複数実施しております。

営業担当の訪問や在宅勤務等、取引先の皆様にはご不便をおかけすることに成りますが、継続的に製品をお届けするための取り組みとして、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ワンデーインターンシップ実施

Posted Posted in ニュース, 地域貢献

2月18日 長崎県立大学から10名、長崎大学から1名の学生を受け入れて、「ワンデーインターンシップ」を初開催しました。

弊社、大阪鋼管株式会社の仕事は所謂B2Bの仕事ですので、学生の皆さんにはなじみがありません。

B2Bの鉄鋼業界の働き甲斐、弊社の社会的価値、働き甲斐、先輩社員の本音などを聞くことにより、学生の皆さんの職業選択の幅が広がることを願って、以下のプログラムにて実施されました。

  1. 企業概要説明
  2. 工場見学
  3. 若手社員・先輩社員への本音のヒアリング(昼食を取りながら)
  4. 社員ヒアリングを終えてのグループ発表
  5. 社長との交流

2020年1月1日長崎新聞Top Interview

Posted Posted in ニュース, 地域貢献

長崎新聞の新年初日のTop Interviewの記事に、昨年当社で受け入れた海外留学生の技術系インターンシップの様子を掲載いただきました。

旧年中はたくさんの方に大変お世話に成りました。本年も積極的な活動を展開し、取引先の皆様、社会に貢献できる大阪鋼管株式会社を目指して参ります。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。